不眠 肩こり 腰痛

一日3分間、瞑想をする




〇瞑想は「今」に集中すること。

実体のない不安、イライラ、怒り、悲しみを切り離せる。





〇自分の心とカラダに向き合えて、おだやかになる。





〇副交感神経が優位になり、リラックスできる。







☆とりあえず、瞑想してみよう



●軽く目を閉じる

●いまここにいることに集中する

●常に呼吸を意識する

●自分自身を感じる



瞑想はじっとしていても快適で静かな場所を選ぶ。


カラダを締め付けない、ゆったりとした服装で。

リラックスできる姿勢で行う。



☆瞑想が終わったら・・・・


●3回ほど深呼吸する

●手を開いたり握ったりしてカラダの感覚を確かめる

●目をゆっくり開ける

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

●不規則で偏った食事は、体調不良や免疫低下を招き、肌状態を悪化させます。 とくにカフェインやお酒などの嗜好品は適度ならよいですが、 ちらも神経興奮物質で中毒性もあるため、適量を越さないことが大事。 バランスの良い食事を心がけ、良質のたんぱく質と食物繊維、ミネラル、ビタミンなどを バランスよく摂取し、油分と糖分のとりすぎに注意しましょう。

今日は血行不良とお肌の関係についてお話しします。 内臓機能の不調は肌にも様々な変化をもたらすことをご存知ですか? ●血行不良 血管の壁はコラーゲン繊維などのタンパク質でできているため、加齢とともに共血管はかたくもろくなり、血行が悪くなります。 また、血液は筋肉が動いて収縮するときに勢いよくめぐるので、筋力が落ちることも血行不良の原因に。 その循環が悪くなると、肌に栄養が行き届かず、ハリ、弾力の低下

●本日は加齢とお肌に起こる変化についてお話します。  加齢と共に細胞の働きは弱まり、皮膚全体の活性が低下します。  表皮では細胞間脂肪やNMF(天然保湿因子)が十分に作られなくなるとバリア機能や水分保持機能が低下。  角層はゴワゴワした感じになります。  真皮では水分を保つヒアルロン酸や、肌弾力を保つコラーゲン繊維、エラスチン繊維などを作りだす能力が衰えます。 これが肌のハリの